プロフィール

☆。.ゆりこ.。☆

Author:☆。.ゆりこ.。☆
2011年春、ついに念願のママに!
ぐうたら主婦ですが、日々の出来事を細々と書いていきます。
お気軽にコメントいただけると嬉しいです☆


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ


最新記事


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター


最新コメント


FC2ブログランキング

ぽちっと(*・人・*)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんで赤ちゃんがほしいのか?

一番根底にあるのは、やっぱり女として生まれたからには

「出産」という経験をしてみたいから。

「人間を育てる」という経験をしてみたいから(これは男でもできるけど)

今は産まない選択をしている人もいるし、それもまた女性として「産まない」

っていう貴重な経験だと思う。

ただ選ぶことが出来るなら、私は産んで育てる経験をしたい。


ちょっと前に「とくダネ」で、親が子供を虐待したり、殺したりっていう

ニュースが流れたときに、コメンテーターとして出演していた室井佑月が

「ばかだねえ、子供は自分にとって最高の味方でいてくれる存在なのに」

みたいなことを言ってたのですが、確かにそうだな~って思いました。

子供にとっての親ってものすごい大切な存在だなって。

だからって、大きくなったら離れていくものだし

一生面倒みろとは思わないんですけど。

一人の人間の人生や人格形成に深く関われるなんてないなって思うんです。

もちろん、すごく影響を受ける人物(先生や友達や恋人や上司など)に

出会うことはあるけれど、その人の根っこを作る人になれるって

すごいと思う。ていうか、なりたい。

子供は3歳まで(だったかな?)にその一生分の恩を親に返すっていうのも

聞いたことがあるけど、自分の子供が3歳になるまでの時間は

ホントに私の幸せの絶頂になるのかもな~って思ったりします。

あんまり期待しすぎちゃいけないかもしれないけど

もし反抗期や思春期が来ても

「あ、私は一生分の幸せをもう貰ってるから、耐えなくちゃ」

って思うようにしたいなって。


まあ、いつになるかわからないけど

ベビちゃんがきてくれたらうれしいよ~



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 赤ちゃんが欲しい - ジャンル : 結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。