プロフィール

☆。.ゆりこ.。☆

Author:☆。.ゆりこ.。☆
2011年春、ついに念願のママに!
ぐうたら主婦ですが、日々の出来事を細々と書いていきます。
お気軽にコメントいただけると嬉しいです☆


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ


最新記事


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター


最新コメント


FC2ブログランキング

ぽちっと(*・人・*)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、野田聖子さんの「私は母になりたかった」というドキュメンタリー

をみました。0歳の子供を育てている母親として、あんなに小さな子供が

何度も何度も体にメスを入れられ、チューブでつながれ、意識も朦朧と

している様子は、見ていて痛々しく、もしあーちゃんが同じような手術を

受けることになったら・・・とても笑ってあーちゃんに向き合うことが

できないんじゃないかと思ってしまいました。

そしてきっと自分を責め続けるでしょう。

野田さんに対して賛否両論あるのでしょうが、私はどちらともいえません。

というか、賛成も反対もする意味がないことだと思います。

不妊治療をしたい人はすればいい、したくない人はしなくていい。

私は運よく子どもを産むことができたけれど、もしそれが叶わず

苦しんでいる人がいるのなら、そして治療で妊娠・出産が可能なのだと

したら、出来る限りその希望を叶えてほしいし私もそうしたい。

ただ、治療の結果、その子供に障害があるなどのリスクを背負うことが

できるかどうか、それだけは心に決めて臨んで欲しい。

私の勝手な理想ですが・・・。

「私は母になりたかった」野田さんの言う「母」という言葉が、

「子供を産んだ人」ではなく、「子供を産み育て上げた人」という意味

だと思いたいです。番組を見ていて、野田さんの言動にいくつかひっかかる

ところはあったのですが、あの野田さんをみつめる真輝くんのまっすぐな瞳。

あの眼差しに出会う為に、たくさんの苦痛を乗り越えてきたのだと思います。

あのまっさらないのちが、これからどう育っていくのか。

早く元気になって、親子でいろんな経験をして欲しいです。


いろんな立場の人があの番組を見たと思いますが、これから母になりたいと

思っている10代、20代の女の子には「50歳でもお母さんになれるんだ」では

なく、「妊娠にはタイムリミットがある」ということをきちんと考えて

もらいたい。恋愛や結婚は自分ひとりでどうにもできないから、難しいけど、

子供を産み育てるってこと、考えて欲しい。




なんて、偉そうに書いちゃいましたが、私もまだまだ母親見習い。

出来ていないことも多いです。

なのに、もう二人目が欲しいとか言ってます;

妊娠中は、不安が尽きないけれど、早くまたこのおなかに

新しい命を迎えたいな。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 赤ちゃんが欲しい - ジャンル : 結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。