プロフィール

☆。.ゆりこ.。☆

Author:☆。.ゆりこ.。☆
2011年春、ついに念願のママに!
ぐうたら主婦ですが、日々の出来事を細々と書いていきます。
お気軽にコメントいただけると嬉しいです☆


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ


最新記事


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター


最新コメント


FC2ブログランキング

ぽちっと(*・人・*)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝、検査薬で陰性とわかり、覚悟していたつもりが予想以上に

落ち込んでしまいました。そんなにすぐに妊娠するわけないのに。


今、各テレビ局で震災から1年の特別番組が放送されていますね。

大切な家族、故郷、財産を失って涙する方、あの映像をみると

1年前の恐怖が蘇ります。

こんなにも絶望している被災者の皆さんと自分を比べるのは

おこがましいのですが、私の悩みなんて本当にたいしたことなく

ちっぽけなことだなあと思いました。失ったものは何もないのに

手に入らないことを嘆いているばかり。

こんな時だから気づけたけど、こんな時じゃないと気づけなかった。

情けないなあ・・・。


今は、震災で犠牲になった方々への祈りと、これから自分にできること

を考えて、強くなりたいです。除染やボランティアは、あーちゃんも

いるし難しいけれど募金したり、この震災のことをきちんと後世に伝えて

くために、正しい知識を得ておきたいです。

他に何ができるだろうか?選挙かな?本当に被災者に寄り添ってくれる

政治家はいないのか・・・。せめて、経済的不安だけでもなんとか

和らげて欲しい。昨日の夜、亡くなった両親に手紙を書いている

子どもの写真を見ました。「ままへ。いきてるといいね。

ぱぱへ。うにあわびたくさんとてきてね。」

幼くして、両親またはそのどちらかを失うのは、その後の人生に

どれだけ暗い影を落とすのか・・・想像するだけで

涙が出ます。お父さん、お母さんと泣く夜も沢山あるでしょう。

どうか、そのとき傍にその子を抱きしめる人がいますように。

被災した方が、もうこれ以上苦しまないよう、出来るだけの

ことを政府にはして欲しいです。







にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 赤ちゃんがほしい - ジャンル : 結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。