プロフィール

☆。.ゆりこ.。☆

Author:☆。.ゆりこ.。☆
2011年春、ついに念願のママに!
ぐうたら主婦ですが、日々の出来事を細々と書いていきます。
お気軽にコメントいただけると嬉しいです☆


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ


最新記事


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター


最新コメント


FC2ブログランキング

ぽちっと(*・人・*)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リセット待ち中ではありますが、妊娠したい欲は止まってくれませんw

さっきブロ友さんの記事を読んで、私の産後の入院生活を思い出したので

もしかして前にも書いたかも知れないけど、出産のときから

書かかせていただきます。


インフルエンザや切迫早産(36週)、挙句の果てに大震災、放射能と

紆余曲折あった妊婦生活でしたが、結局出産予定日の翌日に促進剤の

投与をし、出産をすることになりました。

病院は今年建て替えが決まっており、被災した産科病棟は修復せず

別病棟を産科病棟として使っていました。間に合わせの分娩室で

午前9時に投与開始。私は入院も点滴も初めてで、腕の関節以外に

針を刺されるのにびっくり!!怖い( ノД`)

午後2時くらいから、陣痛が起き破水。

痛みでふらふらになりながらも、お産を進める為にトイレに行く時は

点滴を持ちながら自分で歩いて行けと言われ;痛くて吐きそうで倒れそうで

もうだめかもしれないと何度も思いました;一体この痛みはいつまで

続くのか・・・終わりの見えない痛みに、心が折れそうで。

2度目くらいのトイレから戻って来た時、分娩室の真ん中にカーテンが

引かれ、私が横になっているベッドと分娩台が仕切られていました。

分娩台の上には妊婦さんがいます。その時は「診察かな?」と

思っただけでしたが、どうやらその人も出産のようで、しかも

お産の進み具合が私とほぼ一緒;「分娩台で産めないかも・・・」

とぼんやり思ったのですが、もう痛くてそれどころじゃなくて。

あちらは大絶叫で痛みを乗り越えているようでしたが、私は痛くて

声もだせず、痛みと吐き気に耐えるばかり。

しばらくして、わずかに私の方が早く子宮口が開きました。

すると、仕切られたカーテンが開けられ

「じゃあ、移動して!」と;

私もその人も、痛みがピークでお互い無言ですれ違いましたw

結局分娩台に乗ったものの、最後の最後で赤ちゃんが降りず、

先にあちらの方が出産し、30分後の午後7時に私が出産。

その後、処置を終え休んでから赤ちゃんと供に病室に移動。


初めての出産を終え、体はくたくたなはずなのに隣に赤ちゃんが

いると思うだけで、なかなか眠れませんでした。

病室は4人部屋で、私は入り口左手のベッド。

左手奥には、やはり赤ちゃんがいるようでしたが、入り口右手と

その奥には赤ちゃんはいないようでした。

けれど、夜も遅いので赤ちゃん(あーちゃん)が泣いては迷惑だと

思い、ちょっとぐずるたびに抱っこ。それも、まだ慣れなくて

恐る恐るといった感じですが;何となく、初めて母親らしい事を

しているな~って感じたり。時々奥側の子がぐずるのですが

あーちゃんは少し静かになったので、私も眠ることにしました。


長くなったので続いてみます。










にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 赤ちゃんがほしい - ジャンル : 結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。