プロフィール

☆。.ゆりこ.。☆

Author:☆。.ゆりこ.。☆
2011年春、ついに念願のママに!
ぐうたら主婦ですが、日々の出来事を細々と書いていきます。
お気軽にコメントいただけると嬉しいです☆


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ


最新記事


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター


最新コメント


FC2ブログランキング

ぽちっと(*・人・*)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回からの続きです。

初めての赤ちゃんと初めての対面、二人きり(でもないけど)の夜。

浅い眠りの中、赤ちゃんが泣く声が聞こえました。

「あーお隣の赤ちゃん泣いてるなーつられないといいな」

と夢うつつで、ぼんやり考えていました。

しかし、お隣は全くあやそうとしないので私もだんだん

起きてしまい、気がつくと、泣いていたのはあーちゃん;

わが子の泣き声もわからないママでごめんね

その後、授乳時間の為起されたのですが、初めてだし疲れて

いるだろうから、朝までは看護師さんがミルクをあげてくれる

とのことで、ほっとしました。


で、次の日。疲労と眠気は続いているものの、否応無しに初授乳。

その後入院中3時間おきに起され続けることになるのですが。

程なくして、病室右側の二人は切迫早産または流産の方である

ことに気づきました。ずっと点滴打っているし、赤ちゃんもいないので。

震災後で、病室が足りないので仕方ないか・・・けど、気を使うな~。

と思っていたのですが、しかし、このときはまだマシだったのです。

さらに次の日の昼・・・右側奥の方が病室を移動することになり、すぐに

新しい人が入って来ました。

カーテンで仕切られた向こう側で、誰かと電話している声が聞こえます。

「赤ちゃん、だめだった・・・」

泣きながら話すその声は、時折笑って話しながらも、辛そうでした。

正直、私ももう一人のママさんも居づらいです;;そんな時に

赤ちゃんの泣き声なんて聞きたくもないでしょうし。あーちゃんが

泣かないように努めなくては。それに・・・もう一人の切迫の人も、

精神的によくないだろうな・・・。と、いろいろな考えが巡りました。

一つの病室に「出産を終えた母親と赤ちゃん」「切迫早産」

「死産(19週だったらしいです)」の4人が一緒に入っている・・・。

こんな状況いいのだろうか・・・。

その後、その右奥の方にわさわさとお見舞いの方がきたりして(若者男女6人で;)

どうしても話を聞かされてしまうのですが、その内容によると「妊娠中も煙草を

吸っていた」(友人はそんなの関係ない私も吸ってたしといってましたが)

「親には、自業自得だと言われた」など、若い方なのでしょうがいろいろ

どうなのと思うことを話しており・・・;

それでも「あの時、お腹に力入れちゃったから」「我慢できなかった」

と、陣痛をこらえ切れなかった悲しみを泣きながら話していました。

どんな事情があっても、自業自得でも、赤ちゃんがいなくなって悲しいと

思う気持ちに同情せずにはいられず、あーちゃんを抱きしめそっと授乳室に

向かいました。同室のママさんも同じ気持ちだったようです。

ただ、亡くなったのは2人目のお子さんらしく、旦那さんとお子さんも

その後お見舞いに来ていました。子どもへの態度がひどかったですが;

それから、左奥の唯一のママさんが私より1日早く退院しました。

で、後から入ってきたママさんとは1晩だけ同室だったのですが、

夜中、赤ちゃんが泣くと普通はおっぱいを飲ませたり、背中をトントン

したりしますよね?それが「も~~~おっぱいでないんだってば

と、だっこしながらドンドンと強い力で背中をたたいており、

他人事ながら心配になってしまいました。

なんだか、もう精神的にも肉体的にもずっと張り詰めており、入院中は休まる

時間がなかったような気がします。

こんな病室でしたが、私も自分の体のことで必死なのもあり、実はそれほど

気にならなかったんです;さすがに死産だった方にはかなり気を使いましたが

あーちゃんのために頑張れたし、私って案外強いんだな~と

実感できたし、悪い事だらけではありませんでした。次の出産も、個室じゃなくて

全然いいです。



なんか長くなっちゃいましたが、書いてたらまたいろいろ思い出して、

懐かしく、早くまた新しい家族を迎えたいなという気持ちになりました。








にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 赤ちゃんがほしい - ジャンル : 結婚・家庭生活

コメント

こんにちは☆コメントありがとうございます。相部屋はいろいろありますよね・・セントルが入院している時の相部屋にもお腹の赤ちゃんに異常がある方が居て、でも誰よりも明るく笑顔なんです。『全て終わってから泣く』と・・。
学ぶこといっぱいありますね。
今度も、もし入院する事あれば、ゆりこさん同様セントルも相部屋でお願いします☆

セントルさん>
人生初の入院は、本当に良い経験でした;
たった数日でも、あんなふうに他人の生活を垣間見てしまうとは・・・。
書きながら、陣痛の事や入院中の体の辛さも思い出しましたよ;体力的なこともあるし、今は早く二人目の赤ちゃんに会いたい思いが強いです~☆

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。